Wood burning stove

DUTCHWEST ダッチウエスト

1974年にブルース・マッキニー氏とその仲間たちが、アメリカ東海岸で設立したストーブ会社。
触媒方式のキャタリティック燃焼タイプ、非触媒方式のリーンバーン燃焼タイプとクリーンバーン燃焼タイプの3つのタイプの薪ストーブからお選びいただけます。

キャタリティック燃焼の薪ストーブは、キャタリティックコンバスターという触媒を使用しています。これにより、一次燃焼で発生した不燃焼ガスの不純物の90%をも再燃焼させることが可能です。低温から高温までフルレンジでクリーン燃焼を実現しているので、就寝時に燃焼を弱くしても、この触媒のおかげで、目が覚めても部屋中が暖かいままです。
対応モデルは、フェデラルコンベクションヒーター、セネカ、セコイアです。

リーンバーン燃焼は、自動車エンジンなどに採用されている希薄燃焼システムです。燃焼用の空気を多く採り入れて燃焼効率を高め、それによって薪消費を低く抑えます。さらに、完全燃焼に近づくために排出ガスもクリーンとなります。
対応モデルはエンライトです。

クリーンバーン燃焼は、現在の世界の高性能薪ストーブメーカーのほとんどが採用しているシステムです。一つの燃焼室内で一次燃焼と二次燃焼を行うシンプルな構造のため、メンテナンスさえしっかりと行えば、何年たってもクリーンな排気を保ち続けることができます。
対応モデルはプリマスです。